蒸れると足が臭くなる

足の臭いの原因は、病気の可能性もある

体臭で臭いが強いと言えば脇になりますが、実は足の臭いも脇と同じぐらい強いので注意する必要があります。
足の臭いは基本的に蒸れてしまい雑菌が繁殖してしまうのが原因となっています。
足に雑菌が繁殖してしまう原因もいくつかあるので臭いを対策していく前にしっかり確認しておきましょう。

靴が蒸れると雑菌が繁殖する

ロングブーツを履く女性
外出する時は靴を履くので足は靴の中にある状態になります。
それできつめの靴を履いてしまうと通気性が悪くなってしまうので蒸れやすくなってしまいます。
また、通気性の悪い靴を履いていることも原因の一つだと考えられます。
特に革靴を履いているビジネスマンは足が臭い人が多いです。
一生懸命働くとどうしても足に汗をかいて臭くなってしまうのです。
男性だけではありません。
女性にも足が臭い人はたくさんいます。
特に冬場、女性はブーツを履きますがブーツを履いている女性の足も臭いのです。
通気性が悪いブーツを履くとどうしても足が臭くなってしまうのです。
ストッキングをはいてブーツを履いている女性の足は格段に臭いと思っておいて下さい。
蒸れやすくなってしまうと汗の量が増えてきてしまい皮脂や汚れと混ざり合ってしまいます。
そのため汗が酸化されてしまい雑菌が繁殖してしまいます。
雑菌が繁殖しないようにするには自分にあったサイズより少しゆとりがあるサイズの靴を履くようにして蒸れないように通気性を良くするといいでしょう。
足に雑菌が繁殖しないようにするには何種類かの靴をローテーションで履いたり通気性が良くて自分に合ったサイズの靴を履くというのが大切になってきます。
常に靴を履いている欧米では、その靴の中で汗が発生して足と靴が蒸れてきてしまうのです。
足が湿った状態が多くなると、足の臭いが発生し、異様なにおいが漂ってしまいます。
日本においても乾いていない靴の中や、乾ききっていない靴下を履いて靴に足を入れることで、これも足と湿気が蒸れてしまい、異様な臭いを発してしまうので、普段履く靴下にも留意すべきです。

靴が臭いまま使用していると臭いが移る

靴が臭いまま使用している様子
靴自体が臭いままな事も足が臭くなる要素の一つです。
一度臭くなった靴はなかなか臭いが取れません。
足が臭くなくても靴が臭ければ臭いが移るのです。
靴を新しいものに変更するか、脱臭の効果があるスプレーなどを使うなど、靴に細心の注意を払うべきです。
革靴に脱臭のスプレーを2日に1回の割合で吹きかけるなど、靴のケアは大切です。
そして、靴をローテーションしています。
2足の靴を日々履き替える事によって靴の傷み方が少なくて済むことと、靴の臭いも臭くならないのです。

足の臭い解消にはこのアイテム!!人気ケア商品ランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*