足を不衛生にする事で雑菌を繁殖させる

足の裏の匂いの原因は皮膚常在菌の増えすぎによるもの

足の裏の匂いが臭いと、周りが不快に感じ迷惑をかけます。
それだけじゃなく自分も不快に感じるものです。
家に帰ったら家族から「くさ〜い」と言われたら嫌ですよね。
では、その匂いの原因とはなんなのか。
それは足の裏に常にいる雑菌「皮膚常在菌」が増えすぎると臭い匂いが発生するためです。
皮膚常在菌は外からくる雑菌を防いでくれる良い菌なのですが、それが増えすぎるとその匂いの原因になるのです。

足の洗い方が不十分だと雑菌が繁殖

手で優しく洗う様子
足の洗い方が不十分だと不衛生になってしまうので雑菌が繁殖してしまう可能性があります。
足をしっかり洗っていないと古い皮脂や汚れが落ち切らないので汗をかいた時に混ざり合ってしまい酸化してしまいます。
そのため強い臭いが発生してしまう事もあるので注意が必要です。
毎日お風呂に入っている人でも足の臭いが臭い人はいるのです。
足が臭い人は、体を洗う時には足をしっかり洗っておくことが必要です。
足を洗う時はボディソープをしっかり泡立てて、足の裏から指の間まで時間をかけて丁寧に洗うようにし、古い皮脂や汚れがしっかり落ち切るように洗いましょう。
しかし、ナイロンタオルなどで強く洗ってしまうと肌が乾燥しやすくなるので手で優しく洗うようにしましょう。

暑いからといって靴下を履かないことで雑菌が繁殖

靴下を履かないで革靴を履く
暖かい季節になると靴下を履きたくなくなるので素足で靴を履いてしまう事があります。
しかし素足で靴を履いてしまうと足にかいた汗がそのまま靴の中に染み込んでしまって靴の中で雑菌が繁殖してしまいます。
その靴を履いてしまうと足にも雑菌が繁殖してしまうので強い臭いが発生してしまいます。
そのため暖かい季節でも靴を履く時は必ず靴下を履くようにしましょう
ナイロン製などの吸湿性のない靴下を穿いていると、足が蒸れて臭いが発生してしまいます。

靴下を変えないと雑菌が繁殖

毎日同じ靴下を履いている人たち
毎日同じ靴下を履いているというのはもちろんですが、足に汗をかいてその汗が靴下に染み込んでいてもそのままにしていたりすると雑菌が繁殖してしまいます。
足に雑菌が繁殖しないようにするためには靴下を毎日履き替えるという事も大切になってきます。

足の臭いを徹底解消!人気ケアグッズランキングTOPへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*