あなたのその足元の臭い…予防できる日々の習慣

あなたのその足元の臭い…改善・予防できます

足の臭い、それは男女関係無く気になる臭いのひとつではないでしょうか。
これほど年齢や性別に関係なく、みんなが経験した事がある悪臭は他にないかもしれません。
そのくらい身近な悪臭と言っても過言ではありませんが、この足の臭い原因を体の内側から探るとともに予防方法について考えていきたいと思います。

食生活を改善する

さっぱりした和食で食生活を改善
直接的に足の臭いを強めるような食事というのは存在しません。
ですが、食べる食材や食事の方法により汗のかき方に違いが出てきます。
汗と足の臭いは関連性があります。
ですから汗をかきやすい食事というのは、結局足が臭くなる食事と言えます。
それで汗をかきやすくする食事ですが、脂っこい食事は汗を多くする食事です。
例えばステーキやハンバーグなどの洋風の食事は和食と比較すると、動物性のたんぱく質や脂質をたくさん含んでいます。
こののような食事というのは体の代謝を活性化しますが汗をかきやすくする食事でもあります。
汗がたくさん出てくれば体のあちこちに雑菌やバクテリアが繁殖しやすい環境が出来上がります。
一般的には肉類やチーズ、牛乳などの乳製品は脂質も動物性の脂肪もたくさん入っていて、発汗性も高める食品です。
足の臭いを予防するためにはこのような食事は避けるようにして、さっぱりした和食に戻すようにすると良いでしょう。

ストレスを溜め込まないようにする

ストレスを溜め込まないようにする男性
足の臭いは意外にもストレスにより起こるものでもあります。
例えばこんな事はありませんか?家でいる休みの日などは足が臭くならないのに、職場で仕事をしていると足が臭くなる。
これは極度の緊張があるために起こる事なのです。
緊張により足に大量の汗をかいてしまうのです。
このようにストレスにより汗が出てきて、足の臭いを作る原因になる原因菌が繁殖してしまう事もあります。
今までは臭いが気にならなかったけど、急に足が臭くなってきたいう人は環境の変化や緊張などのストレスが原因である可能性も考えられます。
このようにストレスを受ける事により汗をたくさんかく事を精神性発汗と呼びます。
通常汗をかくということは体温調節が目的です。
しかし、この精神性発汗はストレスや緊張、不安などの心理的な事が問題で起こります。
精神性発揮が起こりやすい条件としては、環境が変化した時、緊張している時、精神的ストレスを受けている時、痛みを感じた時などです。

精神性発汗がひどい時には皮膚科へ

精神性発汗がひどくて皮膚科に相談
精神性発汗がひどい時にはまずは皮膚科に行ってみましょう。
何かしら病気が隠れている可能性もあるからです。
皮膚科では塩化アンモニウム液などを使い、汗を抑制する治療をします。
もし皮膚科に行っても何も異常がない時には、心療内科にいく事も検討しましょう。
ですがその前に日常生活を見直してみる事が大切です。
ストレスをため過ぎないようにリラックスする方法を工夫してみてもいいでしょう。
それから必要以上に汗や臭いの事を気にしない事も大切です。
足が臭くなる原因は日常生活の中に隠れている事も多いです。
自分の生活を思い浮かべてみて気になる事はありませんか?
改善していけば足の臭い予防に繋がりますよ。

足の臭いを解消できるアイテムはこちら!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*