靴で決まる!!足の雑菌を繁殖させない方法

靴で決まる!!足の雑菌を繁殖させない方法

足の臭いは気になりませんか?
外出先で突然靴を脱ぐことになって、ドキッとした経験がある方もいるのではないでしょうか。
足の嫌な臭いに悩んでいる方は、少なくありません。
どうして足は臭くなってしまうのでしょうか。
そしてどのようなことに気をつければ、足の嫌な臭いを解消できるのでしょうか。

靴に関する事柄を改善

靴に関する事柄
足から生じる悪臭などは、蒸れと大きな関係があります。
そもそも靴の中などは、それなりに湿気も多くなる事が多いでしょう。
密閉された空間ゆえに、他の箇所と比べると湿度も高まってしまう傾向があります。
それで過剰な湿気などは、やはり悪臭の大きな原因になってしまう訳です。
したがって足から発せられる臭いを何とかしたいと望むならば、汗や細菌の繁殖を防ぐために、靴に関する事柄を改善してみると良いでしょう。

通気性の良い靴を履く

通気性の良い靴
靴の通気性を上げることが、足の臭いの改善には欠かせないと言えます。
そもそも靴にも様々な種類があって、通気性が良いタイプもあればそうでないタイプもある訳です。
それに靴の中も汚れているので汗と汚れが混ざり合って雑菌が繁殖してしまいます。
そのため足と靴の中の両方が臭くなってしまうので通気性の良い靴を履くという事が大切になってきます。
ブーツや革靴などは通気性が悪いのでスニーカーなど履いた時でも通気性が良い靴を履くようにすると足の臭いを解消する事が出来ます。
また、一般的に化学繊維を用いた靴類などは、やや湿気も増えやすくなる傾向があります。
汗などが吸収されづらい性質があるからです。
その逆に皮類などは、それほど湿気は増えない傾向があります。
なぜなら天然皮などは、それなりに湿気を吸収してくれるからです。
したがって臭いを解消したいと望むならば、ちょっと靴のチェンジなどを検討すると良いでしょう。
ただ、足の臭いを解消するには通気性の良い靴を履くと効果的ですが、素足で履いてしまうと通気性が良い靴でも足の汗が染み込んでしまうので強い臭いが発生してしまいます。
特に長時間素足で靴を履いてしまうと雑菌が繁殖してかなり強い臭いが発生するので靴を履く時は必ず靴下を履くようにしましょう

正しい靴のケア

正しい靴のケアをする様子
靴に臭いが付いてしまった場合には、湿気を取り除いて清潔にするのが一番です。
スニーカーなどの洗える素材の場合は、丸洗いしてしまいましょう。
靴専用の洗剤も販売されているのでたわしでゴシゴシと洗えば臭いも落ちますし、次に履くときは気持ちよく履くことができます。
例えばキャンバス地や布製スニーカーであれば、自宅でも洗う事が出来ます。
靴用のバケツに40℃前後のお湯を入れ、次に洗濯洗剤か中性洗剤を少量入れて靴用のトングで泡立て、そこに靴を入れて半日漬け置きしましょう。
白等の薄い色をしている靴の場合は、蛍光剤無配合、漂白剤無配合の洗剤を使うと変色を防げます。
漬け置き後は要らない歯ブラシで汚れや靴内部を擦って汚れを落とし、よくすすいで天日干しします。
これだけでも十分に臭いや汚れを落とせるので、なるべく1ヶ月に1度は行いましょう。
スエード生地や革靴の場合は自宅で洗う事はお勧めしません。
中敷きを月に1度でもいいので取り替える事で、靴内部の臭いを防ぎ、足に臭いが移る事を避けられます。
生乾きだとその臭いがまた残ってしまうので、洗ったあとはしっかりと水気が完全になくなるまで天日干しをしてください。
皮靴など洗えない素材の場合は日陰で干して、風にあてるだけでもかなり臭いが軽減されます。
また重曹やハーブを使ったシューズキーパーを使用して脱臭するのもおすすめです。
そして靴をしまっておくシューズボックスも消臭剤を置いたり、扉を開けて風通しを良くするなどして臭いがこもらないようにしましょう。

防水スプレーで汗が染み込まないようにしておく

靴に防水スプレーをする様子
日頃から靴の内側を防水スプレーで、汗が染み込まないようにしておくのも方法です。
抗菌剤を靴を履く前、脱いだ後にスプレーする習慣をつけておきましょう。
100円ショップやホームセンターにも売っていますが、掃除でも使用する重曹があれば、靴下などの袋にできるものの中に入れておくだけで、手軽に消臭効果が期待できます。
さらに、「靴を冷凍する」というやり方も効果が期待できます。
冷凍庫という中で雑菌は繁殖できません。
ビニールの袋やジップロック等に靴を入れておき、一晩そのままにします。
次の日は外に出しておきましょう。
自宅でも、普段のやり方に一手間加えるだけで足の臭いを解消できることが多いです。
高い値段のする足の臭い解消グッズを購入する前に、自宅で一度試してみてはいかがでしょうか。

芳香剤を使うのはやめて重曹などを使う

重曹水を作る様子
足の臭いをマスキングするために芳香剤を使うのはやめましょう。
イソ吉草酸の臭いと芳香剤が混ざり合い、さらに不快な臭いになってしまいます。
靴を乾燥させると、臭い成分のイソ吉草酸は揮発します。
臭いが取れた後で芳香剤を使うのは効果があります。
他にも、重曹・炭酸水素ナトリウムを使う方法があります。
重曹は消火器などに使われている安全で安価な白い粉末です。
弱アルカリ性の物質で、イソ吉草酸が弱酸性ですから中和できるのです。
使用法として水に溶かし重曹水を作り足を浸ける、靴に軽くスプレーする、靴下を一晩浸けておくなどがあります。
60℃のお湯で重曹水を作れば除菌もできます。
その後は通常通りに洗濯できます。

靴は数足常備しローテーションにする

靴は数足常備しローテーションにする
靴は数足常備し、履き回すということが大切です。
休ませている方の靴の中に、上で述べた消臭効果が見込める製品や活性炭などを入れておくのも良いでしょう。
湿気を取り、細菌の繁殖を防いでくれる効果があります。
同じ靴を履き続けると、さらに雑菌が増えやすくなるので、ローテーションすることによって少しでも雑菌の繁殖を抑えることができます。
また、履いた靴の中には、消臭効果のあるシューズキーパーを入れておきましょう。

靴の中に専用の物品を仕込む

そもそも靴内の悪臭が気になるという声は非常に多く、すでに消臭効果が見込める製品を色々と販売されています。
それを靴の中に挿入してみるだけでも、随分と状況は変わってくるでしょう。
例えば最近では、活性炭が含まれた製品が多く販売されています。
炭というのは、消臭効果が強いことは有名でしょう。
普段から飲料水などに、活性炭を入れる方々も多いですね。
それは靴に対しても、一定の効果を発揮してくれる訳です。
理由としては、炭が湿気を吸収してくれるからです。
過剰な湿気などは悪臭原因になってしまいますが、活性炭がそれを吸収してくれる事により、悪臭解消も見込める訳です。

靴の装着時間もポイント

靴を脱ぐ様子
そもそも人によっては、靴の装着時間はかなり長いこともあります。
できるだけ時間を短くするよう心がけるだけでも、だいぶ足の臭いが変わってくるでしょう。
できる事なら、サンダルなどが推奨されます。
数あるタイプの中でも、明らかに湿気が少ない靴類だからです。
全く靴を履かないようにするのは難しいにしても、一工夫凝らしてみると良いでしょう。
いくつかの足の臭いが気になる時の靴の対処法を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。
足の臭いが気にならなくなって、さわやかな毎日が送れるといいですね。

足の臭いを解消したいと思うあなた!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*