ソックスも要チェック!足の臭い改善

今日からできる!足の臭い改善法5つ

多くの人を悩ます足の嫌な臭いですが、その原因はなんでしょうか。
実はそれは「細菌」によって引き起こされます。
人間の足は一日に約コップ一杯分もの汗をかくと言われています。
想像以上の発汗量だと感じませんか?

その汗と細菌が混ざることであの鼻にツンとくるような特殊な臭いを発生させています。
しかも足は、靴や靴下などによって蒸れやすくなっています
この「蒸れ」は、細菌にとってはいわば天国とも言える環境で、どんどんと繁殖し、細菌の温床となってしまのです。
そのために、足の臭いを解消するには汗や細菌の繁殖を抑える必要があります。

靴下にも気を遣う必要がある

靴下にも気を遣う様子
足の臭いを解消していくには足と靴のケアは欠かせませんが靴下に関しても気を遣う必要があります。
靴下にも足の汗や汚れなどが染み込んでいるので数日間同じ靴下を履いていると雑菌が繁殖して強い臭いが発生してしまいます。
そのため足の臭いを解消するには靴下を毎日履き替える事を徹底する必要もあります。
また靴下を一度履いたら再び同じものを履かないで一度洗ってから履くようにすると雑菌も繁殖しなくなるので足の臭いを解消する事が出来ます。
毎日洗濯していたとしても、ずっと穿き続けていればそれだけ臭いも落ちにくくなるのです。
なるべく半年に1度は新しい物に買い替える、出来れば綿生地等の汗を吸う物を買うようにするといいですよ。
そしてもう1つ、足の裏に汗をかきやすい人や、靴を履いている時間が長い人の場合は、替えの靴下、タイツを持ち歩きましょう。
そもそも靴下は、実は消臭効果も有るのです。

靴下の素材にこだわる

素材にこだわる靴下売り場
靴下選びも、嫌な臭いを発生させないためには重要です。
靴下の素材にこだわりましょう。
繊維で出来ている靴下はとても表面積が広いので、多くの臭いの物質が吸着されていきます。
そして増えすぎると人がくさいと感じてしまうようになるのです。
通気性に優れた素材はコットンです。
良質なコットンを使って作られた靴下なら、通気性がよく蒸れにくいので、足の臭いを気にすることがなくなるかもしれません。
シルク製の靴下などもおすすめです。
他のタイプの素材と比べると、多くの湿気を吸収してくれる効果があるからです。
さらりとした履き心地で、嫌な臭いを発生させにくくなるでしょう。
5本指の靴下はどうでしょう。
蒸れやすい足の指の間の汗も吸収してくれます。
常に洗濯済みの靴下を用意しておき、靴下が湿ったらすぐに履き替えるのも対策です。
消臭タイプの靴下では、繊維自体に消臭効果が織り込まれている靴下がおススメです。
また靴下用の消臭スプレーも便利で、靴や中敷きにも使用できます。

理想は頻繁に履き替えること

靴下に消臭加工ができるスプレーをかける様子
靴下は、数時間で履き替えることができれば理想的ですが、日常生活ではそれも難しいですね。
ですので靴下に消臭加工ができるスプレーをかけたり、抗菌・消臭効果がある靴下を履くようにするのがおすすめです。
また靴下を洗うときは、臭い菌は熱に弱いので60度位のお湯にしばらく付けてから洗濯し、アイロンをかけるようにしましょう。

抗菌タイプの靴の中敷きを使う

抗菌タイプの靴の中敷き
靴の中に吸湿性のある中敷きを入れると、靴が湿るのを抑えることができます。
抗菌タイプの中敷きは菌の繁殖も防げます。
必ず、中敷きは靴の中に入れっぱなしにせずに、取り出して乾燥させましょう。
また、少し湿った靴は、続けて履かずに陰干しで乾燥させることも大切です。

吸湿性が優れたタイプのストッキングを履く

吸湿性が優れたタイプのストッキング
ストッキング等にもこだわっておくと良いでしょう。
仕事柄ストッキングを履かなければならない女性も多いでしょうが、ストッキングは通気性が悪く細菌の温床になりがちなアイテムです。
履かないに越したことはありませんが、やむを得ない場合は、替えを持ち歩きましょう。
最近ではストッキングも多彩になっていて、吸湿性が優れたタイプも珍しくありません。
現時点における足の臭いが気になる時には、ちょっとストッキングや靴下などを別の物にチェンジすると良いでしょう。
足がべったりしてきたときは、ウェットシートなどでサッと拭いてから履き替えるようにしてください。少し手間に感じるかもしれませんが、効果的に臭いを抑えることができます。
足用のフットスプレーなどをひと吹きするだけでも蒸れを防止することが可能でしょう。
このように靴周りで用いる様々な物品次第で、足の臭いがだいぶ変わる傾向があります。

足の臭いの解消の手がかりに!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*