足の臭い予防ができるシューケア

足の臭い予防ができる生活の知恵

靴を脱いだ途端に足の臭いがすることってありませんか?
足が臭いと嫌ですよね。
まず、足はどうして臭くなるのでしょうか。
足の汗自体が臭いのではありません。
足の汗をそのままにしておくと、そこに雑菌が繁殖します。
それが臭いのもとになるのです。

特に菌が繁殖しやすいのは、温かく湿った環境や、不潔な環境です。
なので、足の臭いを予防する方法として、これらの環境をつくらないようにしなければいけません。

長時間同じ靴を履き続けないようにする

仕事用の靴をもう1足用意
人間の臭いの原因としてまず汗があります。
しかし汗単体では臭いは発生しません。
汗に含まれる成分によって、細菌が繁殖し分解される事によって臭いは発生します
そしてそれは靴という逃げ場の無い密室の中で、更に強烈な臭いになっていくのです。
足の臭いの原因として欠かかせないのが、靴です。
学校や職場で、一日中同じ靴を長時間、長い期間履き続ける状態は全ての人が経験している事と思います。
その結果、細菌が増殖し足の臭いは増長してしまします。
1日中同じ靴を履いているとやはり蒸れはどうしてもひどくなります。
ですから仕事用の靴をもう1足用意しておき、オフィスについたら履き替えるようにするといいです。
そして通勤用に履いてきた靴は脱いだ後にペーパータオルなどを入れて形を整えて、湿気も取り除いておきましょう。
このような手間をかけるだけで帰りにはさっぱりした感触で靴を履く事ができます。
また、臭いが気になるなら消臭スプレーを使うのもいいですね。

洗えるなら洗い、洗えないなら天日干し

靴を天日干しにする様子
例え通気性に優れたサンダルでも、汗をかく足裏に密着している部分は蒸れてしまいます
汗と汚れが混ざってしまい雑菌が繁殖してしまう可能性があるので、革靴やブーツを履いた後は必ず天干しをして乾燥させるようにしましょう。
乾燥させると雑菌の繁殖を抑える事が出来て臭いを予防していく事が出来ます。
洗える事が可能である靴ならば定期的な洗濯で解決も可能ですが、そうではない場合の方が多いのが現状だと思います。
臭いのもとになる蒸れを防ぐためには、同じ靴を何日も履き続けない、履いた靴はしっかり乾燥させる事が大切になってきます。
スニーカーなど履いている時に通気性が良い靴は革靴やブーツに比べて雑菌が繁殖しにくいですが、素足で履いてしまうと汗は靴の中に染み込んでしまうので汚れと混ざって雑菌が繁殖してしまいます。
そのためスニーカーを履いた後も定期的に天干しをして乾燥させておくようにしましょう。
またスニーカーの場合は水洗いが出来るので定期的に水洗いをするようにもしましょう。
足の臭いを予防するには通気性が良いスニーカーを履く方がいいのですが、同じ靴を毎日履いていると汚れが蓄積していくので雑菌が繁殖して臭いが発生してしまう事があります。

特に蒸れやすい靴の場合は細心の注意を

靴に中敷きを入れる様子
臭いのする靴を履くと、足の裏にも嫌な臭いが移ります。
靴が臭うときは、水洗いできるものは洗い、できないものは消臭スプレーを利用すると効果があります。
靴の中でも、ロングブーツは汗を閉じ込めてしまい、臭いがこもりやすく臭くなってしまいます。
そんなときには、中敷を使うことや足用の消臭スプレーを使うと予防できます。
素足だけでなく、ストッキングや靴下を履いた上からでも使えるものもあります。
臭いが気になるからと言って履くのを我慢しなくてもいいと思います。
おしゃれは好きなだけ楽しみたいものです。
臭いが気になると、外出先で靴を脱ぐのが億劫になってしまいます。
しかし、靴を脱がずに長時間履いたままでいる方が、足の臭いには逆効果になります。
臭いを予防するには適度に靴を脱いで、外の空気に当てて乾燥させることです。
足の裏は乾燥が早いので、ずっとじっとしているわけではなく、思い切りも必要です。
靴の扱い方を少し工夫することで、簡単に足の臭いを予防することができます。

足の臭いを徹底的に解消!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*