毎日のケアで菌を繁殖させなければ、足の臭いは消滅できる

菌を繁殖させなければ、足の臭いは消滅できる

自分の足が臭うのではないかとのが気になっている方は多いと思います。気になってしまうと人前で靴が脱げなくなりますね。
行きなれない料亭や上司のお宅へお邪魔する時など、自分の足が気になってしまうと落ち着きまで失ってしまいます。
足の臭いの原因はイソ吉草酸という脂肪酸の臭いです。

この物質は揮発性が高いので、靴を脱いだ途端、足から立ち昇り、周囲に漂って行ってしまいます。
イソ吉草酸を生成するのは皮膚に生息する常在菌とよばれる菌で、誰の足にも生息している菌です。
常在菌の繁殖を日々のケアで抑えれば、足の臭いを解消することができるのです。

足湯で臭いを解消

足湯で臭いを解消する様子
時間に余裕があるときは足湯をしてみてはどうでしょうか。
やり方は簡単です。
40℃以上のお湯を洗面器にはり、コップ一杯程度のお酢を注ぎます。
そこに足をいれ、20分ほど浸しておいてください。
お酢には殺菌効果があるので、細菌を減らすことが可能です。
また血行がよくなり、健康になることもできるでしょう。
週に一度のスペシャルケアとして習慣化してみてください。
思いのほか効果を感じることができるはずです。

ミョウバン水で足湯

ミョウバン水を使用する
ミョウバンには殺菌・制汗作用が期待できます。
このミョウバンを使って足湯をする事で、足の疲れと臭いを軽減しましょう。
ミョウバン水は、スーパーでも販売している焼きミョウバンを購入して作れます。
焼きミョウバンを50g、空のペットボトルへ水道水1500CCと共に入れて混ぜ、よく振ってから1日置いておきます。
その後足湯専用のバケツへ40℃前後のお湯を、足のくるぶし辺りまでの量を入れましょう。
次に前日に作っておいたミョウバン水を入れます。
割合はお湯6:ミョウバン水4程度です。
後は普通に足湯をするだけでいいです。
余ったミョウバン水は約1週間程度ならば持ちます。
1週間毎日足湯をして、リラックスしつつ臭いもとれるのは嬉しいですね。

足の臭い専用クリーム

足の臭い専用クリームを塗る様子
足の臭いを抑える効果のある、専用のクリームを使用して臭いを防ぎましょう。
女性の中にもちょっとやそっとのデオドラントでは臭いが軽減できないという人もいますが、適切な専用のクリームならばバッチリ改善できるでしょう。
また、臭いや汗・皮脂による臭いの元の原因菌を予防でき、制汗作用もありますから、足に汗をかきやすいという人には是非お勧めです。

足のメンテナンス

足のメンテナンスをする様子
ニオイ菌は角質も餌にするので、週に1度など自分で行うタイミングを決めて角質を除去するようにしてください。
また爪はこまめに切るようにしましょう
おしゃれのために長くしたくなりますが、伸びた爪の間にゴミや垢が溜まり、これもニオイ菌の餌となってしまいます。
また水虫がある環境の足は湿りがちで、雑菌も大量繁殖しやすい状態になっています。
水虫自体にはそこまで強い臭いはありませんが、菌が増えるほど臭いも強くなるのでこれにより水虫の人はひどい臭いがしてしまうことがあります。
水虫かもしれないと思っている人は早めに皮膚科で診てもらうようにしましょう。

足の嫌な臭いを解消して、自信を持って毎日をいきいきと暮らしましょう。

足の臭いの解消法に悩む方必見!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*