湿った状態は危険!足の臭いを防ぐ方法とは?

靴を脱ぐと足が臭い!足の臭いを防ぐ予防法とは?

足の裏の臭いは誰でも気にします。
飲み会に行って、そこが座敷だと靴を脱がなくちゃいけないので、足の臭いが気になりますよね。
そこで臭かったら最悪です。
それでは、どうしたら普段から足の臭いを予防できるのか。

足は湿っている状態にしない

足を乾燥した状態を保つイメージ
何より大切なのは、こまめに拭くこと、足を乾燥させることです。
足はどうしても風通しが悪い部位です。
また、体の全体重を支えているため、立っているだけでも汗をかいてしまう部位でもあります。
ずっと乾燥した状態を保つことで、臭いが気になりません。
足は湿っていると嫌な臭いがしてきます
足の裏に雑菌がいるためです。
雑菌が増えてきて鼻につく臭いを増大させます
洗濯物もそうですが、生乾きのときに嫌な臭いがします。
気をつけて拭いたり乾かしたりしないことには予防はできません。
そこで、座っている時にはできる限り風通しを良くして乾かすことを意識しましょう。
家にいれば裸足で過ごすことができます。
その時には床に足の裏をつけないようにし、指の間をできる限り広げるように意識して、汗をかかないようにしましょう。

外出中も意識する

靴下を履き替える様子
外出先の場合は靴を履いているためケアが難しいものです。
それでも、体重を乗せないように意識するだけで汗をかく量を減らすことはできます。
お昼休憩を利用して靴下やストッキングを履き替えるなどで、臭いが増加していくのを予防できます。
靴下を履き替えるときに足の裏を洗ったり、除菌のウエットティッシュなどできれいにできれば完璧です。
できない場合でも、靴下を履き替えるだけでも大きな違いが出てきます。
こまめに拭くこと、乾かすことが一番の予防方法です。

真冬以外はなるべく足を出して睡眠

足を出して眠っている様子
夜眠る時には、真冬をのぞいて、足を出して眠ってみましょう。
眠っている間にも汗はかくものですので、足まで布団をかけてしまうと、朝起きた時には足がとても臭くなってしまいます。
お腹さえ冷やさなければ風邪を引く心配もありませんよ。
今ご紹介した方法を全て行うことが一番の予防方法です。
足の裏の臭いはいくら予防しても足りないくらいですので、是非全て行って、しっかり予防してくださいね。
また、爪の手入れも需要です。
爪が伸びていると指と爪の間に汚れや雑菌がたまっています。
短く切っておくと、雑菌が増えるのを抑えることができるからです。

足の臭いの解消にもってこい!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*