足の臭いは病気の可能性も!?

足の臭いの原因は?人や日によって違うのはなぜ?

強い体臭として有名なのが脇の臭いのわきがとデリケートゾーンの臭いのすそわきがになりますが、足の臭いに関してもわきがやすそわきがと同じぐらいの強い臭いが発生してしまうので注意が必要です。
足の臭いが発生してしまうと靴を脱ぐ時に臭いが周囲に充満してしまいます。
そのため他の人に迷惑をかけてしまう他に靴にも臭いが染み込んでしまいます。
そのため足の臭いが発生したらすぐに対策していかなければいけません。
足の臭いは雑菌の繁殖が主な原因ですが、病気の可能性もあるので注意が必要です。

病気の可能性も

足が病気か診断する様子

水虫

水虫菌は無臭ですが、水虫菌が増えると免疫機能が働きます。
それによって足の裏の皮膚が柔らかくなり、その隙間にバクテリアなどの細菌が入り込むのです。
それが臭い匂いを発生させます。

多汗症

多汗症になると汗の量が多くなるので雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。
そのため足の臭いが発生した時に汗の量が多い場合は多汗症の可能性が高いです。

糖尿病

糖尿病になると水虫になる確率も高くなるため、匂いの原因になります。

点状角質融解症

点状角質融解症とは、角質が厚くなっている所に、小水疱や黄白色の膿ができてしまうことです。
この病気は臭いがきつく、歩く時に痛みを感じます。
病院に行って治すといいでしょう。

内臓疾患

内臓疾患は体の免疫力が低下し、抗菌力も低下します。
そのため細菌も増殖しやすくなるので、足の裏の臭い匂いの原因になります。

足の臭いの解消にはこれを活用!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*