足から生じる臭いを改善するための洗い方

足から生じる臭いを改善するための洗い方

足からは、たまに悪い臭いが生じてしまう事があります。
足というパーツから生じる臭いは、意外と目立ちます。
臭いが強めなので何とか解消したい事はあるでしょう。
現に、解消は可能です。
ただし臭いを解決するにしても、根本的な原因をしっかり把握して解消していくのが賢明だと思います。

間違った洗浄方法で洗わない

足の洗浄グッズ
間違った洗浄方法が身に付いてしまっているので、まずはそれを正しましょう。
そもそも足の臭いなどは、正しい方法で洗っていれば問題はありません。
臭いの原因になるものを除去できる訳ですから、それほど目立った臭いは生じないからです。
ところが人によっては、間違った方法で足を洗っている事もあるのです。
それが原因で、悪臭を作り出してしまっているケースも多々見られます。
やはり過剰な汗などは臭いの原因になり得ますから、こまめに除去する必要があるでしょう。

適切な足の洗い方

足を正しく洗う様子
具体的にはどのように洗えば良いかと言うと、細かい箇所を見落とさない事です。
まず、足の皮膚を柔らかくすることから始めます。
湯船に浸かるか、洗面器にお湯を張って足湯をし、皮膚を水分たっぷりで柔らかくします。
そして、タオル等でゴシゴシ洗うのではなく、固形石鹸を泡立てて、手で優しく洗います。
その際、特に親指と人差し指の間を念入りに。
また、爪の生え際に汚れが溜まりやすいとく、指の間なども見落としてしまっている傾向があります。
足指と足指の間は、意外と悪い臭いが発生しやすい箇所なのですね。
歯ブラシ等で優しく擦りましょう。
最後に泡を流して清潔なタオルで拭いて、完全に乾くまでは何も靴下等履かないようにします。
そこを洗う事を怠ってしまって、悪臭が生じてしまう方々が目立ちます。

洗浄剤を見直す

洗浄剤を見直す
普段から用いる洗浄剤なども、臭い解決に結び付くケースが多々あります。
使うのは保湿成分が含まれるボディソープよりも、石鹸がいいでしょう。
中でも角質を落とすケミカル・リーピング効果のある石鹸がおススメです。
足の裏には常在菌の栄養になる角質が豊富です
足の裏は立ち仕事や歩行などで刺激が加わるため、皮膚の新陳代謝でできる古い皮脂や角質が分厚く固まっています。
ですから、お風呂で丁寧に洗って、こまめに角質を取り除く必要があります。
サリチル酸、グリコール酸やリンゴ酸などが含まれていると角質を柔らかくする効果があります。足以外には使わないで下さい。
普段から用いる石鹸によっては、殺菌能力があまり高くないタイプがあります。
どちらかと言うと、保湿力が強いタイプも目立つのですね。
ですが、それでは十分な殺菌ができない事もあります。
普段の石鹸などを見直してみる事は、大いに臭い解消が見込めるでしょう。
「AGICA石鹸」は加齢臭対策石鹸ですが、これは足の臭い軽減にも効果的です。
それからもう1つは「薬用柿のさち」という石鹸ですが、こちらは消臭効果のある柿渋エキス配合です。
強烈に臭う足の臭いを撃退するのであれば、こういった石鹸を使うのもいいでしょう。
石鹸は足だけではなく体へも使用出来ますから、脇や背中が臭うなんて場合も安心ですね。
菌は繁殖しすぎると臭いの原因になりますが、皮膚を守るためには大切な菌です。
軽石やヤスリで削る方法もありますが、必要な角質まで削りすぎてしまう危険があります。
無理に取ろうとすると足に刺激が加えられ、逆に角質が増えてしまう恐れもあります。古い皮脂や角質は、石鹸を使って少しずつ洗い落としていくのが鉄則です。

普段から汗を除去する姿勢

除菌用のウエットティシュで足を拭く
汗や細菌は臭いには大きく関わってきます
このため普段から汗を除去する姿勢などは、臭い解消が見込めると言っても、特に難しい事はありません。
コンビニなどに行けば、除菌用のウエットティシュなどが多く販売されているでしょう。
臭いが気になる時には、それを持ち歩いておくと良いですね。
外出先でも常にそれを携帯して、足付近に多くの汗が生じたと考えられるタイミングで、ウェットティッシュを使ってあげると良いでしょう。
汗を拭き取ってあげるだけでも、随分と臭いが改善される傾向があります。
それも、できるだけこまめに拭き取ってあげる方が良いですね。
ちなみにウェットティシュを用いて拭き取る際にも、上記のような見落としがポイントになってきます。
やはり足の指と指の間は、臭いが発生しやすい箇所ですから、そこも丁寧にウェットティッシュで拭き取ってあげると良いでしょう。
その後でしっかり乾燥させてあげると、足からの悪臭はだいぶ解消される傾向があります。

足の臭いを解消したいあなたへ!人気ケアグッズランキングTOPへ!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*